キャッシュバック方式

read newspapers

「買い取り方式」がカード換金サービスの基本ですが(詳しくは『サービスの流れ』をご覧ください)、近年では新しい方式でのサービスも提供されるようになっています。カード換金サービスの業者が指定する商品を購入して現金を用立ててもらうという基本は同じですが、細かいところで違いがあります。
その新しい方式は「キャッシュバック方式」と呼ばれるもので、文字通りショッピングのキャッシュバックサービスの要領で、現金が振り込まれるというサービスになっています。業者が指定する商品は、実際の価値はほとんど無に等しいプラスチックの指輪などで、それを例えば10万円で購入します。その後、購入金額のうち70~80%分のお金がキャッシュバックということでふりこまれるというシステムになっています。

この方式は現在、多くのカード換金業者が採用しているもので、その理由は安全性が高いということにあります。買い取り方式はシンプルでスピーディなサービスが提供できますが、「売る目的で商品を買ったのではないか」という疑いをカード会社に持たれてしまう可能性があるというデメリットがあります。もちろん、もし疑われてしまったとしてもそうではない旨をカード会社に釈明すれば疑いは晴れますが、やはりリスクは軽減したいところ。
それに対して、キャッシュバック方式なら一応ショッピングはきちんと行っているわけで、カード会社に疑われるようなことがありません。
カード換金業者を選ぶとき、どうしてもリスクゼロのサービスで換金を行いたいと考えているのであれば、キャッシュバック方式を採用している業者を選ぶようにしましょう。